Inforati / インフォラティ

WebやMacのニュースや小技、ヒント、テクニックなど。

Home Subscribe to RSS Feeds Follow me on Twitter
30
2009

Mac Time Machineのバックアップ間隔を変更する裏技

投稿者:

Time Machine(タイムマシン)のバックアップ間隔をターミナルで変更する方法です。

Time Machineのバックアップ間隔を変更

Time Machineは一時間ごとにバックアップを作成します。これは、デフォルトで固定されており、「システム環境設定」で変更することができません。

しかし、利用状況によっては、そんなにバックアップを頻繁に行わなくても良い場合もあります。

そこで、ターミナルを使用してバックアップ間隔を変更する裏技を紹介します。

なお、ターミナルを使用した裏技ですので自己責任でお願いします。

バックアップ間隔を変更する裏技

まず、「起動ディスク(Macintosh HDなど)」→「アプリケーション」→「ユーティリティ」と移動し「ターミナル」を起動します。

そして、以下のように入力します。

この例は6時間ごとにバックアップします。また、設定変更にはパスワード認証が必要です。

sudo defaults write /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.backupd-auto StartInterval -integer 21600

最後の数字はバックアップ間隔を秒数で表しています。この数字を変更することによって間隔を変更できます。

なお、デフォルトは一時間ごとですので「3600」です。デフォルトに戻す場合は下のように入力してください。

sudo defaults write /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.backupd-auto StartInterval -integer 3600

Mac Time Machineのバックアップ間隔を変更する裏技 Inforati 1

現在の設定を見る場合は次のように入力してください。

sudo defaults read /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.backupd-auto StartInterval

なお、設定を変更した後は、Macを再起動してください。また、この設定変更は「システム環境設定」の「Time Machine」パネルの「次回のバックアップ」の時間の表示までは変更しません。ここの表示は設定変更前の毎1時間の時間を表示します。

また、この裏技はMac OS X 10.5 LeopardとMac OS X 10.6 Snow Leopardの両OSでバックアップ間隔を変更できましたが、Mac OS X 10.6 Snow Leopardの場合はバックアップに時間がかかる場合があり、あまり調子が良くないようです。

Mac OS X 10.6 Snow Leopardで使用するのはお勧めしません。

以上、Mac Time Machineのバックアップ間隔を変更する方法でした。

Add to Google
  • naoco207

    質問よろしいでしょうか? こちらの方法の通りやってみたんですが、どうもできてる気がしません。
    手順
    ターミナルを開き、
    sudo defaults write /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.backupd-auto StartInterval -integer 21600
    と入力
    パスワードを入力
    すると
    Could not write domain /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.backupd-auto; exiting
    と出ます。
    これはエラーでしょうか??

    udo defaults read /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.backupd-auto StartInterval
    を入力しても、

    udo defaults read /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.backupd-auto StartInterval

    -bash: udo: command not found

    と出ます